指導普及強化委員会

お知らせ

男子小学生バレーボールクラブに所属する選手の中学校進路先調べ



                                                                                                                  平成28年 2月 1日
小学生男子クラブチーム監督 様
                                                             沖縄県バレーボール協会
                                        指導普及強化委員会
 
平成27年度男子小学生クラブに所属する選手の中学校進路先実態調査について(依頼)
 
日頃より、小学生の指導そしてバレーボール人口拡大にご尽力頂き、誠にありがとうございます。
さて、中学入学後男子バレー部がなく、活動できない児童が県内どのくらいいるのか実態を把握する目的で男子小学生バレークラブに所属する選手の中学校進路先の実態を調べたいと思います。実施の目的をご理解頂き、ご協力よろしくお願いします。
 
1.実態調査の目的
(1)県内の男子小学生バレークラブに所属している選手が、校区内の中学校へ進学
後、男子バレー部がなく、活動できないことが予想される選手がどの程度い
るのか等の実態を把握する。
(2)中学校進路先実態を把握することにより、中学校の受け入れ体制構築へ向
けての参考データとする。

2.調 査 名  男子小学生男子バレークラブ員中学校進路先に関する実態調査

3.対  象  男子クラブチーム全員を対象とします。
(1年~6年 ※登録の有無は関係ありません)

4.調査方法 別紙の実態調査様式に記入する
  エクセルデータをダウンロードして下さい。

  こちらを↓↓↓クリックして下さい
  別紙 実態調査様式
       
5.提出方法  Eメールにて下記の担当者へ送信して下さい。
  
6.提出〆切り 平成28年 2月12日(金)17時
 
7.提 出 先  担当者 中原晋太郎 宛
                       メールアドレス  nakahars@open.ed.jp
8.注意事項
(1)校区外の中学校へ進学する児童は校区中学校と校区外の中学校を備考覧の2箇所に
         記入して下さい。
(2)校区外の中学校へ進学する児童についてもあくまでも実態を把握することが目的です。
         特に進学先を妨げることはありません。
9.問い合わせ先
         平山常仁 県指導普及強化副委員長(強化統括)  
          TEL (090) 9583 - 6762 メールアドレス hirayamt@open.ed.jp
10.その他
         昨年度(H26年度)は県内で18%の児童が進学する中学校で男子バレー部がなく、
         活動ができないことが分かっています。