沖縄県バレーボール協会 指導普及強化委員会

●ホーム > マイページTOP > お知らせ > 県バレーボール協会男子小学生競技人口拡大モデル事業

県バレーボール協会男子小学生競技人口拡大モデル事業


豊見城市男子小学生バレーボール部員募集の取り組みについて
下を↓↓↓クリックして下さい。


宜野湾市男子小学生バレーボール部員募集の取り組みについて
下を↓↓↓クリックして下さい。

沖縄市男子小学生バレーボール部員募集の取り組みについて
下↓↓↓をクリックして下さい。


 


沖縄県バレーボール協会男子小学生バレーボール競技人口拡大モデル事業とは
 
 本県のバレーボール競技人口は年々減少しており、特に男子の競技人口の減少は顕著で普 及面において大きな課題に直面しています。 平成27年度から県バレーボール協会では新たな取り組みとして、小学生男子競技人口の拡 大に向けて、男子小学生バレーボール人口拡大モデル事業を各市郡バレーボール協会・連盟と 連携して取り組むことになりました。
 内容は市郡バレーボール協会・連盟の地域内でバレーボールに関わっている一般、ママさん、 高校、中学校、小学生男女選手のお子さんや姉弟や甥っ子などへ、多くの方々が呼びかけを行い、バレーボールの楽しさや魅力を伝え、市内にある男子チームへ紹介していくシステムです。
 各市郡バレーボール協会が中心となって、地域内で人と人のネットワーク力を活かす組織的な活動です。入会したい児童はメールやFAXから申込みを行います。申込みは市バレーボール協会で一旦 受け付けその後、市バレーボールから市内男子チームへ連絡が行くシステムになっています。
 平成27年度は沖縄市のエリアーを限定して、システムモデルを創るため試験的に行いました。 平成28年度以降は沖縄市のモデル事業を参考して、各市郡バレーボール協会・連盟エリアーを 徐々に県全体へ広げていく計画をしています。
平成27年度 沖縄市
平成28年度 宜野湾市
平成29年度 豊見城市
平成30年度 那覇市